FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

双門の滝への挑戦

5月13日(日)に奈良県は天川村にある双門の滝へチャレンジした。

双門の滝は、滝百選に認定されている比較的有名な滝ではあるが、
滝へのルートは危険箇所もあり、上級者コースとなっている。
そのため、一般的な観光滝とは違い簡単に訪れることができない。

このチャレンジは、滝巡りメンバー(友人夫婦とあずわんさん含む4人)の中で
ずっと話題に出ていたのだが、高所恐怖症の私にとっては少々勇気が必要で、
決断に至るまで時間を要した(汗)

決戦? 当日、朝4時に西宮の友人夫婦宅を出て、5時半に道の駅 吉野路黒滝で
あずわんさん と合流する。
そこから車2台で駐車ポイントまで移動し、AM6時9分にスタート。

20190512-01.jpg



定番の看板。
とりあえず撮影(撮影が適当ですみません)。

20190512-02.jpg



まずは整備された林道を30分程度進む。穏やかな上り。
林道途中の分岐を左に進み、さらに数分歩くと白川八丁に出る。

20190512-03.jpg



石だらけで歩きにくい白川八丁を約30分歩くとガマ滝へ到着する。
写真の通り、水量は少なめではあるが、水量が多くなると
この先の渡渉箇所で難儀するようなので少ないくらいが適当らしい。

20190512-04.jpg



ガマ滝を後にして、30分ほど山道を進むと 双竜滝? と思われる滝に出会う。
(間違ってたらすみません)

20190512-05.jpg


水が綺麗☆彡

20190512-06.jpg



さて、ここから少しハードに。
まずは、ちょっとした岩登りから。
こんな感じ。

20190512-07.jpg



そこから約30分遡上すると一の滝に出会える。
ここまで、休憩やら写真撮影を経て、スタートから約2時間経過。

20190512-08.jpg

20190512-09.jpg



二の滝。
一の滝前より撮影。

20190512-10.jpg



なお、二の滝の滝前に降りるには、5m・10mと2本のロープが必要。
そして危険度は高い(らしい)。
私は余力がなかったので滝前へのチャレンジは諦めたが、
同行のあずわんさんとHoneさんが滝前へチャレンジ。
Honeさんより滝前の写真を拝借。

20190512-11.jpg



さらに遡上し、上流の三ノ滝へ。
滝壺が大きく中々綺麗。

20190512-12.jpg

20190512-13.jpg

20190512-14.jpg



さて、ここから先が有名な梯子が連続して登場する。
上りはあまり怖さを感じなかったが、
とにかく体力が必要で結構しんどい(汗)

20190512-15.jpg



そこから木々等をよじ登り、どんどん高度を上げていく。
難所と言われる鎖は現在崩落している箇所があり、
結構な危険度を感じつつ、なんとかクリアする。
※通行止めの理由はこれ!?


奮闘するワタクシ(恥)

20190512-16.jpg
(※Honeさん撮影)



恐怖の中、目の前は中々の絶景。

20190512-17.jpg



出発してから約4時間、ついに双門の滝の展望ポイントに到着する。

20190512-18.jpg

20190512-19.jpg

20190512-20.jpg




遠望ながら迫力のある滝。できれば滝下から眺めたい・・・


帰り道、周りを見渡せば綺麗な緑がたくさん。
あぁ、気持ちいい。

20190512-21.jpg


(補足として)
 双門の滝へのチャレンジは、実際に危険箇所もあり、
 かなりの体力が要求されると感じました。
 今回は、滝までのルートをピストンしましたが、来た道を引き返すのは
 危険とされているだけあって、鎖や梯子の下りは確かに危険だと思われます。
 (推奨ルートも危険箇所があるようですが)




☆参考(mapコード)
 駐車位置 34.225045,135.882012
 ガマ滝  34.214584,135.892092
 一の滝  34.205261,135.892591
スポンサーサイト

tag : 奈良県 奈良県吉野郡天川村

4年ぶりの長谷の棚田

ゴールデンウィーク終盤となった5月5日(日) こどもの日。
天気は快晴ということで、4年ぶりに大阪府は豊能郡能勢町にある
長谷の棚田に訪れた。

4年前と同様、早朝4時半ごろに訪れ朝焼けを待つ。

20190505-01.jpg



数分経つと、徐々に空の色が変化してきた。

20190505-02.jpg



5時10分ごろ、朝日が顔を出す。

20190505-03.jpg

20190505-04.jpg

20190505-05.jpg

20190505-06.jpg



4年前とは違い、写真撮影をされてた方と数名出会った。

tag : 大阪府 大阪府豊能郡能勢町

新緑の瑠璃光院

ゴールデンウィークも後半となった5月3日(金)、
京都市は左京区にある瑠璃光院を訪れた。

私は今回が初訪問だったが、新緑や紅葉の景色が有名で、
多くの方が写真撮影などに訪れている。

この日も新緑ネタを見ようと多くの方が訪れており、
10時半ごろに到着したが、すでに数百人の並んでいた(汗)


入口前(どんどん人が入っていく)

20190503-01.jpg



入口前の看板

20190503-03.jpg



約1時間並び、ようやく中へ。
入ってすぐに綺麗な苔を目にすることができる。
なお、拝観料は一人2,000円で入口すぐで払う。

20190503-04.jpg



建物入口

20190503-05.jpg



入ってすぐ2階へ上がる。
2階窓から見る景色も中々綺麗。

20190503-06.jpg

20190503-07.jpg



さて、本日メインとなる書院2階から見る景色。
広角レンズか標準レンズか迷った結果、標準レンズで撮影。

20190503-08.jpg

20190503-09.jpg

20190503-10.jpg



庭の苔や新緑も綺麗。

20190503-11.jpg

20190503-12.jpg



帰りに、すぐ近くのルイ・イカール美術館にも立ち寄ってみた。

20190503-13.jpg



絵のことはよくわからないが、館内はオシャレな雰囲気があった。

20190503-14.jpg

20190503-15.jpg

20190503-16.jpg

20190503-17.jpg

tag : 京都府 京都府京都市

久々の本気滝巡り

4月7日(日)、朝来市にある口滝と奥滝、そして佐中五滝を巡ってきた。

今回は久しぶりの本気の滝巡りということで気合十分? (笑)
メンバはいつもの友人夫婦とあずわんさんの4人。

午前5時40分、友人の車で自宅を出発し、
7時すぎに中田路公民館前であずわんさんと合流。
そこから4人でまずは口滝へ。
川沿いを彩る桜も綺麗で気持ちの良いスタートとなる。

20190407-01.jpg



出発から約20分で最初の小滝に出会う。
更に10分ほど遡上すると、小ぶりながら綺麗な滝がある。

20190407-02.jpg



この小滝から30分ほど歩くと口滝に到着。
水量が気になったが、それなりにあってくれたので一安心。

20190407-03.jpg



次に奥滝だが、奥滝へのルートは口滝から少し手前(150mくらい?)
から道なきところをトラバースして向かうことになる。
トラバースするポイントは、とにかく登りやすいところを50~60mほど(もっとかも?)登る。
登りきると、幅50cmほどの道にあたるが、道はすぐに明確でなくなり獣の踏み足程度となる。

歩く道の斜面は急で高度もあり、踏み外し落ちると大変危険なので、
多少の経験が必要と思われる。

約1時間程度歩き、奥滝に到着。
苦労の甲斐あって良い滝姿を見ることができる。

20190407-04.jpg



ちなみに、この滝の場所をプロットした地図はこちら。

chizu1.jpg



奥滝の後は佐中五滝へ。
佐中五滝とは、龍ヶ壺、亀ヶ滝、不動の滝、龍神の滝、魚止めの滝
の5つの滝のことを示す。

この滝たちは私有地にあり、事前に許可をもらっておく必要がある。
今回、あずわんさんのおかげで容易に入ることができたが、
入山許可証と車両止を開ける鍵が必要となるので事前申請はお忘れなく!

※車両止のチェーン

20190407-05.jpg


この渓流の地図情報もアップしておこう。

chizu2.jpg



では、佐中五滝

☆魚止めの滝
 20190407-06.jpg


☆龍神の滝
 20190407-07.jpg


☆不動の滝
 20190407-08.jpg


☆亀ヶ滝
 20190407-09.jpg


☆龍ヶ壺
 20190407-11.jpg


☆亀ヶ滝手前の支流
 20190407-10.jpg



この渓谷はかなり深く、もっと詰めれば滝あありそう。
(時間の都合で今日はここまで)

上流の滝は・・・ 探索ください(笑)

この日は午後から雨の予報であったが、良い方向に外れてくれて、
滝巡り中はずっと天気がよかった。
なお、本日はヤマビル被害は無しです。

tag : 兵庫県 兵庫県朝来市

雨の日の朝来市滝巡り

年明けの投稿から約2ヶ月。
ようやく冬眠から目覚めました(笑)


さて、今年初の滝巡り活動は朝来市でスタート。

昨日は "曇のち雨" と天気はイマイチ。
とくに南部のほうが降水確率が高かったため、
北部方面で比較的容易に巡れるところということで、
以下の滝たちに決定。

洞滝 → 直谷不動滝 → 魚ヶ滝 → 法道寺渓谷一の滝と二の滝


まずは洞滝へ訪問。

この滝は落差7mと小ぶりながら、滝周囲が洞窟状になっているため
少し変わった雰囲気を味わえる。

最近はまとまった雨が降っておらず、また、暖冬で雪が少ないこともあり、
水量はやや寂しい感じだった。

20190303-01.jpg

20190303-02.jpg

20190303-03.jpg



洞滝の下流にも落差はないが綺麗な小滝がある。

20190303-04.jpg



更に下流。水も綺麗。

20190303-05.jpg



次に直谷不動滝へ。
整備された道を歩くこと10分ほどでたどり着ける滝。

20190303-06.jpg

20190303-07.jpg



次は魚ヶ滝。
道路沿いにある超お手軽の滝。
夏場は子どもたちの遊び場にもなっているようだ。

20190303-08.jpg



最後は法道寺渓谷へ。
道が荒れており、入渓ポイントすぐで普通車は入れず、
「こうじくの橋」付近に車を止め徒歩で移動。
一の滝まで約35分くらい? だったかな。

一の滝。
だんだん雨がきつくなってきて撮影が適当に(汗)。

20190303-09.jpg



二の滝。
今日はここまで。

20190303-10.jpg



殺風景な時期ながら、林道沿いの苔は綺麗な姿だった。

20190303-11.jpg

tag : 兵庫県 兵庫県朝来市

訪問者
プロフィール

さむい者おげし

Author:さむい者おげし
普通?
のさらりーまんです。

カテゴリ
地域別一覧
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。