fc2ブログ

岩井谷大滝、苔滝、三筋の滝、猿壺の滝

先日、兵庫県美方郡新温泉町にある滝たちを見ようと
友人のH.one夫婦と早朝から車を走らせた。

この日、訪れる予定の滝は以下のとおり。
 ①岩井谷大滝
 ②苔滝(一の滝~七の滝)
 ③三筋の滝
 ④猿壺の滝

まずは、滝前に降りるのに少し体力が必要となるということで岩井谷大滝からスタート。
午前8時過ぎに駐車ポイント(Mapコード:35.453682,134.478070)に到着。
そこから50mほど歩いたところに渓流に沿って山道があるのでその道を進む。

渓流沿いの山道
20211125-01.jpg


山道を150m程度歩いたところに大きな岩があり、そこが渓流へ降りるポイントとなる。
20211125-01-1.jpg


私は初訪だったので以前に訪れている友人の後をついていく。
しかしながら降りるポイントが分からず道に迷う友人(笑)
20211125-01-2.jpg


とりあえず親切な方が敷設してくれているロープがありそこを降りる。
それでも滝前までまだまだ降りれないので、ロープ2本使って降りていく。
20211125-01-3.jpg


降りるのはいいが、戻りにこれを登らないといけないので
それを考えると降りたくない気が・・・(-_-;)
20211125-01-4.jpg


ようやく滝前に到着!
思ったよりもいい滝(^^)/
20211125-02.jpg

20211125-03.jpg


下流の滝口。
今日は降りません(笑)
20211125-04.jpg


岩井谷大滝の渓流沿いにはいくつも滝があるが本日は大滝のみ。
次の滝へ向かうため、先ほどの激下りを戻る。
必死の私(-_-;)
20211125-04-1.jpg


次に苔滝へ向かう。
この渓流もいくつか滝があり本日はここをコンプリするのが目的。
まずは道路すぐの苔滝(一の滝)。
20211125-05.jpg


二の滝
20211125-06.jpg


三の滝
20211125-07.jpg


四の滝
20211125-08.jpg


五の滝
この渓流で一番好み(^^)/
20211125-09.jpg


五の滝の上流から沢が分岐しており、左股に六の滝、右股に七の滝がある。
実際は七の滝から訪れたが、流れ的に六の滝からご紹介。

六の滝
20211125-10.jpg


最後の七の滝
20211125-11.jpg


次に鶴滝の下流にある三筋の滝へ。
ここも道がなく道路から激下りの道なきところを木々に掴みながら降りる。
これも戻りがしんどいだろう(-_-;)

10分ほどで滝前へ到着。
三筋の滝は、写真の真ん中が本流で左側に2本流れておりその3本で三筋となる。
しなしながら、この日は水量少なく一番左の流れが枯れていた。
代わりに本流の右側にも流れがありこれで3本だったのでこのアングルで撮影。
20211125-12.jpg


最後に、今や有名となった猿壺の滝へ行く。
滝前の倒木が流され数年前と比べると少し秘境感が薄れた感じが(-_-;)
とはいえ、やはりいい滝であることには変わりない。
20211125-13.jpg

20211125-14.jpg


本日の徒歩データ(提供:H.one氏)
まずは岩井滝大滝。
20211125-15.jpg

20211125-16.jpg


苔滝データ。
20211125-17.jpg

20211125-18.jpg

tag : 兵庫県 兵庫県新温泉町

横行渓谷の滝たち

ようやく緊急事態宣言も解除されたということで、
あずわんさんとH.one夫婦の4人で久しぶりの滝業に行ってきた。

今回は、兵庫県は養父市にある横行渓谷。
横行渓谷には数多くの滝があり、5,6年前になるが兵庫の滝のレジェンド
おっ!とっと兵庫」のSyou3さんに連れて行ってもらったことがる。
今回は前回訪れなかった黒滝渓谷と以前から行ってみたかった
三ッ滝の二の滝上流へ訪れることにした。

あずわんさんと黒滝渓谷の入渓ポイントに8時待ち合わせの予定だったが
随分早く到着したので入渓ポイント下流の乙女の滝へ立ち寄った。
小ぶりな滝ながら滝壺がとても綺麗で個人的には好みの滝。

20211104-01.jpg

20211104-02.jpg



いい時間になったので入渓ポイントであずわんさんと合流。
黒滝渓谷はほぼ山道がなくいきなりこんな感じからスタートする。

20211104-03.jpg


まずはF1。
小ぶりながらいい滝姿。

20211104-04.jpg



F2

20211104-05.jpg



F3(随分滝姿が変わったのかな?)

20211104-06.jpg



F4を滝下から撮るために降りる。
気を付けよう。

20211104-06-1.jpg

20211104-07.jpg



上流の無名滝。

20211104-08.jpg



途中、苔の綺麗なタコみたいな木を発見(笑)

20211104-09.jpg



支流の無名滝(枝沢滝)
もう少し水量があればいいんだが・・・

20211104-10.jpg



F5の滝。なかなかいい感じ。

20211104-11.jpg



そして、ようやく本日のメイン黒滝へ到着。

20211104-12.jpg

20211104-12-1.jpg



黒滝渓谷はここまでとし、次は三ッ滝へ向かうことに。
行きはスルーした出合いの滑滝も折角なので撮影。

20211104-13.jpg



兵庫県の養父市は紅葉シーズン終盤。
あのスーパーレジェンドのはるちゃんさんご夫婦ももしかすると今日どこかで・・・
とウワサをしつつ三ッ滝の駐車ポイントに行くとやはり!(ニヤリ)
はるちゃんさんの車が(笑)

とりあえず、二の滝を目指し入渓。
約10分ほどで到着。
相変わらずいい滝姿。

20211104-14.jpg



二の滝を必死に撮影していたら、滝口から何やら人影が・・・
よーく見ると、はるちゃんさんご夫婦!
やはり今日は紅葉を見ることも兼ねて遡上されていたようで、
二の滝上流のさらに上まで行かれてたとのこと。流石です!(-_-;)
はるちゃんさんの奥様から「ここから先(上流)は平たんで楽だから」
と聞き安堵して上流へ向かう。

いきなり藪漕ぎが続く道だったがこれを抜ければ楽になるので頑張る。
綺麗な紅葉と滝口(二の滝)のコラボを発見。

20211104-15.jpg



なんとか藪漕ぎを抜けて遡上していくが・・・

う~ん・・・

20211104-14-1.jpg

スーパーレジェンドクラスになると、この程度は平たんで楽な道のようです(-_-;)
めちゃしんどいんですけど・・・(笑)



なんとか踏ん張り目にしたかった二の滝の上流へ到着。
やっぱりいい滝。
紅葉もあって非常にいい感じ!

20211104-17.jpg

20211104-16.jpg

20211104-19.jpg

20211104-18.jpg



名残惜しいが二の滝上流を後にして三の滝へ戻る。
相変わらず水量が寂しい。。。

20211104-20.jpg



折角なので三の滝の上流も訪れる。

20211104-21.jpg



最後に一の滝。
ここも紅葉とのコラボが綺麗。

20211104-22.jpg



本日の滝業はここまで。
最後は遠望で見る二の滝を目にする。
綺麗な一枚が撮れた。

20211104-23.jpg



本日の歩行データ。
(H.one氏より)

歩行距離



地図は黒滝と三ッ滝の場所をプロット。
(乙女の滝はもう少し下流になります)

chizu20211104.jpg

tag : 兵庫県 兵庫県養父市

北海道へ行ってきた

今月いっぱいで緊急事態宣言が解除される見込みですが、
コロナ落ち着きませんね(-_-;)
そんな状況ではありますが、先日結婚式(私ではない)の関係で北海道に行ってきました。
折角訪れたので今回はそのネタをアップ

いざ、北海道へ!
20210920-01.jpg



式場となる教会。
自然の中にある教会でとてもいい感じ。
20210920-02.jpg

20210920-03.jpg



夕焼けが幻想的°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°
20210920-04.jpg



翌日は白金青い池へ。
本当に青く幻想的。
20210920-05.jpg



さらに白ひげの滝へ。
滝下まで降りれれば下から撮影したいが、この日は橋の上からの切り取り。
20210920-06.jpg

20210920-07.jpg



ファーム富田にも訪問。
天気も良く気持ちがいい。
20210920-08.jpg



最終日は朝から白い恋人パークへ。
有名なお菓子「白い恋人」の施設。
オリジナルのお菓子を作ったりできるそうだ。
20210920-09.jpg

20210920-10.jpg



予定にななかったが、折角なので札幌時計台にも立ち寄る。
20210920-11.jpg



その後、小樽に移動しオルゴール堂へ。
ここでもオリジナルのオルゴールを作れるみたい。
20210920-12.jpg

20210920-13.jpg

20210920-14.jpg

20210920-15.jpg



天気もいいので小樽の街を散歩。
20210920-16.jpg

20210920-17.jpg

20210920-18.jpg

20210920-19.jpg



ん? なんだこれは??
20210920-20.jpg



この日、小樽を去り空港へ。
北海道の旅は天気も良くいい感じだった。
20210920-21.jpg

tag : 北海道 北海道(道北・道央・道南)

空を映す水田

最近はコロナの影響で、遠方への移動がなかなかできない。。。
そのため、写真撮影も精力的にできてない状況だが、
つい先日、地元の田んぼに水入れがされたのを見て、
数年前に一度撮影した地元の水田を思い出したので訪れてみた。

場所は、以前にブログにも記載した光山寺の近く。
おおよそこの辺り。

20210530-01.jpg



撮影時間は夕方17時半すぎ。
まだまだ日は明るい。

20210530-02.jpg



撮影ポイントを変えると水田でなく湖とかに見える。

20210530-03.jpg




でも、ちゃんと水田(笑)

20210530-04.jpg



日が沈んできて徐々にいい感じに。

20210530-05.jpg



地元の方が犬を散歩されていて、通りすがりに
「昨日はもっと綺麗だったのにぃ~」と。
昨日見ておけばよかったと少し後悔(-_-;)

時間が経つにつれ、雲が多くなってきた。

20210530-06.jpg



今日はこのへんで終了。

20210530-07.jpg

tag : 兵庫県 兵庫県神戸市

六甲西山谷へ

先日、H.one夫婦らと今年初ての滝巡り活動を行ってきた。

今年初のチャレンジは、地元六甲の西山谷。
西山谷は過去に単独で入ったことがあるが、その時はF5(ふるさとの滝)で引き返した。
今回は、西山谷をコンプリートしようということで、早朝から挑むことにした。

スタートは、六甲山頂駅付近まで行き、
そこに車を停めてから入渓ポイントまで登山道を降りるルート。

六甲山頂駅付近。
20210502-01.jpg



ここから登山道を降りていく。
20210502-02.jpg



渦森台を目標に下山。
約1時間ほど歩くと西山谷の入渓ポイントへ到着する。
20210502-03.jpg



地図が設置されている。
六甲にも数多くの渓流が存在する。
20210502-04.jpg



西山谷への案内板。
熟練者向きのコースとなる。
20210502-05.jpg



入渓ポイントから渓流沿いを進み、堰堤を2つ越えるとF1に出会える。
20210502-06.jpg



F1を遡上するとすぐにF2が現れる。
小さいがゴルジュ風の滝姿は秘境感がある。
20210502-07.jpg



さらに遡上するとF3が迎えてくれる。
無名滝ながら、名前があってもよいほどの良い滝。
20210502-08.jpg

20210502-09.jpg



続いてF4。
続々と滝が登場します。
20210502-10.jpg



そして、この谷に入って、ようやく滝名がついたF5(ふるさとの滝)が姿を現す。
20210502-11.jpg



F5(ふるさとの滝)の先は、この谷の難所の一つが待ち受ける。
注意をしながら進む。
(※写真提供:H.one)
20210502-12.jpg



難所を超えF6へ。
20210502-13.jpg



次は、この谷のメインとなるF7(西山大滝)が姿を現す。
水量も豊富、落差15mの滝姿は圧巻だ。
20210502-14.jpg



遡上するごとに次々現れる滝たち。
F8の滝。小ぶりながらいい感じ。
20210502-15.jpg



続いてF9。
iPhoneでサクッと撮影(適当ですみません (汗)
20210502-16.jpg



次はF10の二条の滝。
水量が多く三条になっている。
20210502-17.jpg



F11
20210502-18.jpg



F12
水量豊富で見ごたえ十分
20210502-19.jpg



この谷をコンプリートするつもりだったがF13を撮り忘れ(-_-;)

堰堤を超えF14へ。
20210502-20.jpg

20210502-21.jpg



F14
20210502-22.jpg



続いてF15のそうめん滝。
水量もあってか、滝名の通り "そうめん" な感じ(笑)
20210502-23.jpg



F16
これもサクッと撮影ですみません(-_-;)
20210502-24.jpg



そろそろこの谷の最深部へ。
F17(愛情の滝)
20210502-25.jpg



この谷最後の滝へ。
道なき道を進むところも。
20210502-26.jpg



そして最後の滝F18。
滝姿からチョックストーン(CS)というらしい。
(写真提供:H.one)
20210502-27.jpg



最深部の滝を満喫した後は六甲山頂駅へ戻るため
まずはF18の滝横にある壁を登る。
それなりに垂直なので敷設されたロープも使いながら登る。
20210502-28.jpg



街道に出るまでに笹薮地獄が待ち受ける。
マダニがつかないか心配(-_-;)
20210502-29.jpg



ようやく生還
20210502-30.jpg



西山谷を後にした後は、雨降り続く中、太鼓滝にも訪れる。
太鼓滝は、瑞宝寺公園の奥にある滝。
お手軽に見ることができる。
20210502-31.jpg



今日の天気はイマイチだったが、公園内の新緑は綺麗に色づき始めていた。
20210502-32.jpg



本日の西山谷のルート図。
紫色の線が通ったルート。青い図が滝場所を示している。
6.1km、高低差450mのコースだった。
20210502-33.jpg

tag : 兵庫県 兵庫県神戸市

訪問者
プロフィール

さむい者おげし

Author:さむい者おげし
普通?
のさらりーまんです。

カテゴリ
地域別一覧
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR