FC2ブログ

奈良の黒滝

9月22日(日)に友人らと奈良県吉野郡にある黒滝を訪れた。

この滝の渓流は水源地になっているためか、
滝に関する情報があまりない。
事前に、おおよその滝位置は把握していたので、
GPSを便りにチャレンジしてみた。

20190922-00.jpg



今回進んだルートは、入渓から滝までは沢沿いを遡上して戻りは山道を歩いた。

まず滝までの遡上だが、沢沿いには道らしきものがあるももの、
ところどころ崩落しており道が塞がれていている。
また、人が入っていないのか、草木で覆われ不透明なところがいくつもある。
危険度合いは低いが進むには少し難儀する。

入渓から20~30分程度だっただろうか、無名のF1を超え
そこから更に15分ほど遡上するとF2が現れる。

iPhone撮影(撮影が適当ですみません)

20190922-01.jpg



F2から更に遡上し水源施設らしきものの前に着くと、
そこに蝉の滝が構えている。

20190922-02.jpg



蝉の滝からの遡上だが、蝉の滝の左岸(※川の上流から下流を見て左側)に梯子があり、
そこから沢沿いを遡上できるかと思いきや、上に行く道がない(汗)
なので、ここから上流は山道から進むしかない。

山道は一旦沢沿いから少し外れるが、数分歩くとまた沢沿いへ戻る。
沢沿いに戻ったあたりですぐに黒滝が現れる。
滝前に降りるには、少し急な斜面を降りることになる。
できれば30mほどのロープがあると楽に降りることができる。
我々もロープを用いて滝前に到着する。

20190922-03.jpg

20190922-04.jpg



黒滝を堪能した後、戻りは整備された山道を利用。
山道は地図に記載されている通り169号線までつながっている。
道は狭く荒れているため普通車ではかなり厳しいが、
軽自動車の四駆であれば、黒滝近くまで車で行くことは可能と思われる。
ただし、黒滝下流の滝を拝みたい場合は沢沿いでないと見れない。


次に、隣の沢にある高滝へ訪れた。
高滝は入渓地点に看板があり、滝までの道も明確になっている。

20190922-05.jpg



この日は台風の影響で天気が不安定。
雨が降り出したので、本日はここまでとした。

tag : 奈良県 奈良県吉野郡樫尾

武田尾廃線敷ハイキングコース

9月14日(土)、気持ちの良い天気だったので
久しぶりに武田尾~名塩間にあるJR福知山線の廃線跡に行ってきた。

このコースは2016年に一般開放されたハイキングコースで、
安全面は自己責任となるが自由に通ることができる。

コースは武田尾~西宮名塩(もしくは生瀬)間にある。
北(武田尾方面)から南(名塩方面)へ歩くか、
その逆どちらでも構わない。
この日は、武田尾から西宮名塩方面へ向かうルートを選択。

20190915-01.jpg



道は概ね整備されているが、廃線跡なので枕木が残っている。
つまずかないように注意が必要。

コース入口から歩くこと約15分。
桜の園入口付近に到着。
※写真は桜の園入口手前の橋

20190915-02.jpg



この日は霞滝の立ち寄りも予定していた。
霞滝は "桜の園入口" から渓流沿いを遡上するルートとなる。
ハイキングコースから少し逸れることとなるが、
片道20分程度なので、それなりにお手軽である。
※滝コースの詳細は おっ!とっと兵庫 をご確認ください

霞滝。小ぶりながら、いい滝姿。

20190915-03.jpg



霞滝を満喫した後は再びハイキングコースへ。
日常のストレスを忘れさせてくれる景色がとても気持ちいい。

20190915-04.jpg



さて、ハイキングコースにはこのような橋も残っている。

20190915-05.jpg

20190915-06.jpg



また、このコースにはトンネルもたくさんある。
真っ暗なトンネルもあるので懐中電灯は必須。

20190915-07.jpg



ハイキングコースで一番長い4号トンネルを抜けると
向こう岸の山に十国の滝を見ることができる。
ただし、この滝は雨後しか現れない滝で
いつも見れるとは限らないようだ。

20190915-08.jpg



武田尾駅からハイキングコースを経て名塩駅まで約7kmの道のり。
紅葉時期がおすすめのようなので、また訪れたいと思う。

20190915-09.jpg

tag : 兵庫県 兵庫県宝塚市

佐津海水浴場

長かったお盆休みも終盤となった8月17日(土)、
台風も過ぎ天気もいいので、久しぶりに海の写真でも撮ろうと
兵庫県は美方郡香美町にある佐津海水浴場へ初訪してみた。

ここの海水浴場は、比較的人も少なく水質が良いと聞いていたが、
確かに近隣の海水浴場と比較しても水質がいいように思う。

20190817-01.jpg

20190817-02.jpg

20190817-03.jpg



日本海側だからなのか、気温は31℃と猛暑続きの地元より過ごしやすい暑さ。
来年は泳ぐ目的で来てみたいと思った。

20190817-04.jpg

tag : 兵庫県 兵庫県香美町

真夏の道場百丈岩

3ヶ月ぶりの投稿です(汗)


8月5日(月) 有給消化もあり休みを取得。
朝起きてカーテンを明けると、久しぶりの快晴モード。
梅雨の時期は天気がパッとせず、また梅雨明け後も猛暑が続き
イマイチやる気が出なかったが、今日は流石にもったないと
近場で容易に行ける道場は百丈岩に訪れた。

百丈岩はJR道場駅から車で5分ほど南に下ったところにある。
断崖絶壁の岩の壁はロッククライミングで有名なようだ。
百丈岩を登るのに一般の登山コースもある。
私はロッククライミングはできないので登山コースを選択する。

20180805-01.jpg



はじめはこのような登山ルート。

20180805-02.jpg



コース案内の写真にもあるように、一般コースも鎖やロープを
登るところが多々ある。難易度は高くないが、とくに下りは滑りやすいので
トレッキングシューズくらいはあったほうがよいと思う。

このようなロープが複数ある。
(実際は写真ほど垂直ではないです)

20180805-03.jpg



約10分ほど登り、百丈岩が見えるポイントに到着。

20180805-04.jpg



そこから更に10分ほど進むと百丈岩の上に到達する。
今日は晴れていて景色がいい。

20180805-05.jpg

20180805-06.jpg



更に奥に進むと、百丈岩を別角度から見えることができる。

20180805-07.jpg



ちなみに、この百丈岩からの眺めは紅葉時期に来てもGOOD。
参考までに、昨年撮った写真がこちら。

20180805-08.jpg



今日は本当に快晴。
いつもより田んぼの緑が綺麗に見えた。

20180805-09.jpg

tag : 兵庫県 兵庫県神戸市

双門の滝への挑戦

5月13日(日)に奈良県は天川村にある双門の滝へチャレンジした。

双門の滝は、滝百選に認定されている比較的有名な滝ではあるが、
滝へのルートは危険箇所もあり、上級者コースとなっている。
そのため、一般的な観光滝とは違い簡単に訪れることができない。

このチャレンジは、滝巡りメンバー(友人夫婦とあずわんさん含む4人)の中で
ずっと話題に出ていたのだが、高所恐怖症の私にとっては少々勇気が必要で、
決断に至るまで時間を要した(汗)

決戦? 当日、朝4時に西宮の友人夫婦宅を出て、5時半に道の駅 吉野路黒滝で
あずわんさん と合流する。
そこから車2台で駐車ポイントまで移動し、AM6時9分にスタート。

20190512-01.jpg



定番の看板。
とりあえず撮影(撮影が適当ですみません)。

20190512-02.jpg



まずは整備された林道を30分程度進む。穏やかな上り。
林道途中の分岐を左に進み、さらに数分歩くと白川八丁に出る。

20190512-03.jpg



石だらけで歩きにくい白川八丁を約30分歩くとガマ滝へ到着する。
写真の通り、水量は少なめではあるが、水量が多くなると
この先の渡渉箇所で難儀するようなので少ないくらいが適当らしい。

20190512-04.jpg



ガマ滝を後にして、30分ほど山道を進むと 双竜滝? と思われる滝に出会う。
(間違ってたらすみません)

20190512-05.jpg


水が綺麗☆彡

20190512-06.jpg



さて、ここから少しハードに。
まずは、ちょっとした岩登りから。
こんな感じ。

20190512-07.jpg



そこから約30分遡上すると一の滝に出会える。
ここまで、休憩やら写真撮影を経て、スタートから約2時間経過。

20190512-08.jpg

20190512-09.jpg



二の滝。
一の滝前より撮影。

20190512-10.jpg



なお、二の滝の滝前に降りるには、5m・10mと2本のロープが必要。
そして危険度は高い(らしい)。
私は余力がなかったので滝前へのチャレンジは諦めたが、
同行のあずわんさんとHoneさんが滝前へチャレンジ。
Honeさんより滝前の写真を拝借。

20190512-11.jpg



さらに遡上し、上流の三ノ滝へ。
滝壺が大きく中々綺麗。

20190512-12.jpg

20190512-13.jpg

20190512-14.jpg



さて、ここから先が有名な梯子が連続して登場する。
上りはあまり怖さを感じなかったが、
とにかく体力が必要で結構しんどい(汗)

20190512-15.jpg



そこから木々等をよじ登り、どんどん高度を上げていく。
難所と言われる鎖は現在崩落している箇所があり、
結構な危険度を感じつつ、なんとかクリアする。
※通行止めの理由はこれ!?


奮闘するワタクシ(恥)

20190512-16.jpg
(※Honeさん撮影)



恐怖の中、目の前は中々の絶景。

20190512-17.jpg



出発してから約4時間、ついに双門の滝の展望ポイントに到着する。

20190512-18.jpg

20190512-19.jpg

20190512-20.jpg




遠望ながら迫力のある滝。できれば滝下から眺めたい・・・


帰り道、周りを見渡せば綺麗な緑がたくさん。
あぁ、気持ちいい。

20190512-21.jpg


(補足として)
 双門の滝へのチャレンジは、実際に危険箇所もあり、
 かなりの体力が要求されると感じました。
 今回は、滝までのルートをピストンしましたが、来た道を引き返すのは
 危険とされているだけあって、鎖や梯子の下りは確かに危険だと思われます。
 (推奨ルートも危険箇所があるようですが)




☆参考(mapコード)
 駐車位置 34.225045,135.882012
 ガマ滝  34.214584,135.892092
 一の滝  34.205261,135.892591

tag : 奈良県 奈良県吉野郡天川村

訪問者
プロフィール

さむい者おげし

Author:さむい者おげし
普通?
のさらりーまんです。

カテゴリ
地域別一覧
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR