FC2ブログ

野々滝、筆藪の滝、宝竜滝

11月10日(日)、いつもの友人夫婦(H.one氏)らと
和歌山県新宮市熊野川町にある野々滝、筆藪の滝、
そして宝竜一の滝、二の滝を拝んできた。

宝竜滝は数ヶ月前に訪れようと計画していたのだが天候に恵まれず断念。
この日は天気が比較的良さそうだったので、青空と滝のコラボを撮ろうとチャレンジすることにした。

朝4時にH.one氏と西宮で合流し新宮方面へ向かう。
朝早かったこともあり、途中このような景色に遭遇する。

20191110-01.jpg



さらに車を走らせ、今回訪れる渓流沿いの看板を見つける。
非常に滝の多いところだが、全ての滝を訪れるにはきっと沢装備が必要になると思う。

20191110-02.jpg



午前8時半すぎ、入渓ポイントへ到着する。

20191110-03.jpg



整備をされ道を10分程度歩くと、宝竜一の滝と二の滝が見れるポイントへ到着する。

20191110-04.jpg



さて、まずは野々滝へ。
野々滝までは概ね整備された道を進むが、滝手前の渡渉ポイントで橋が崩落しており
川を跨ぐのに注意が必要。多少水に浸かるので長靴があったほうがよい。

20191110-05.jpg



宝竜一の滝と二の滝が見れるポイントから約20分強で野々滝へ到着する。

20191110-06.jpg

20191110-07.jpg



次に宝竜滝と行きたいところだったが、午後からの時間帯のほうが
晴れ間が入るということで先に筆藪の滝を選択。
ここも道は整備されており、20分程度歩くと到着できるが、
落石も多く道が大きく崩落する箇所もあるので注意が必要。

崩落箇所

20191110-08-00.jpg



筆藪の滝。
落差10mほどと大きくはないが、水質の良い大きな滝壺は光が入り絶景。

20191110-08.jpg



さて、再び宝竜滝の渓流に戻り、まずは二の滝からチャレンジ。
二の滝へは途中に急登箇所があり、予め設置されたロープや
持参のロープを使いながらクリアしていく。
落ちるとかなり危険なので注意が必要。

頑張って登りきると、宝竜二の滝が迎えてくれる。

20191110-09.jpg

20191110-010.jpg



滝口からの景色。
高度感は十分(-_-;)

20191110-11.jpg



そして最後は宝竜一の滝。
一の滝は危険箇所もなく簡単に辿り着ける。

20191110-12.jpg

20191110-13.jpg

tag : 和歌山県 和歌山県新宮市

新宮市の滝

11月25日(日)、友人らと4人で和歌山県は新宮市にある滝巡りをしてきた。
今回訪れた滝は以下の3つ。

 ☆白見の滝
 ☆鼻白の滝
 ☆滝ワケノ滝

まずは白見の滝。
この滝は道路上にある超お手軽ながら中々の滝姿。
最近は雨が降ってなかったので水量が心配だったが
まずまずの水量で一安心。

20181202-01.jpg



次に、鼻白の滝へ訪れる。
鼻白の滝は山道入口から整備された道を数分歩くと滝前にたどり着ける。
この日は非常に天気が良く、青空とコラボした滝姿に出会うことができた。

20181202-02.jpg



下段の滝。わかりにくいが虹が出ている。

20181202-03.jpg



これは上段の滝。
上段の滝前に行くには大きな岩を越える必要があり少々難儀する。

20181202-04.jpg

20181202-05.jpg

20181202-06.jpg

20181202-07.jpg



最後に2度目の訪問となる滝ワケノ滝へ。
通常は林道終点の駐車位置まで車で行けるが、
この日は駐車位置70mほど手間でで崩落箇所があり
車はここに停めることにした。


崩落箇所

20181202-08.jpg



一応、崩落箇所と滝位置を記載した地図も添付。

20181202-08-1.jpg



滝前へ到着。

水質も綺麗で神秘的は雰囲気のある滝。
太陽の光が滝壺に入ると絶景なのだが、
この日の撮影時間は15時半ごろ。
時間が遅すぎたようで、太陽の光が入り込むことはなかった。

20181202-09.jpg

20181202-10.jpg

tag : 和歌山県 和歌山県新宮市

竹原谷四王滝など

4月8日(日) 和歌山県東牟婁郡北山村にある滝を見に行こうと
今回も友人夫婦と滝メグラーのあずわんさんの4人で行くことになった。
本格滝巡りは昨年11月の小木森滝以来になる。

いつものとおり、朝5時に友人夫婦と西宮で待ち合わせ
そこから友人の車で「道の駅おくとろ」に8時に到着(あずわんさんと合流)。

さて、今回訪れた滝たちは以下の7つ。

雷の滝
田岡谷 大滝
田岡谷 中ノ滝
田岡谷 小滝
竹原谷 長島の滝(左股)
竹原谷 長島の滝(右股)
竹原谷 四王滝


現地に到着しまず訪れたのが雷の滝。
この滝は道路沿いの超お手軽滝だが、訪問時は水量乏しく
写真の見栄えもイマイチなので今回は割愛(謝)。

さて、まずは田岡谷へ。
入渓ポイントはマップコードでココ → 33.941863,135.926769
山道はいきなり不明瞭な状態でスタートする。

我々はまず田岡谷大滝を目指したので沢沿いではなく
その不明瞭な登山道を選択。
入渓ポイントから大滝までは約30分ほどになる。

20180409-01.jpg



次は大滝から約20分程度戻り中ノ滝へ。

20180409-02.jpg



その後、入渓ポイントまで戻り、今度は沢沿いを遡上。
遡上から5~10分で田岡谷小滝を拝見することができる。

ちなみにこの小滝は、上流から降りることは難しいため
下流から遡上する形となるが、滝手前の大きな岩を越えるのが
私含め慣れてない方は少し苦労すると思われる。
また、滝名がなぜか小滝となっているが、滝の落差20mを越えており
全然小滝でもない(写真では大きさがわかりにくい)。

20180409-03.jpg



次は竹原谷へ移動。
竹原谷の目的はもちろん四王滝。
が、この沢にはたくさんの滝があり見どころが多い。
ただし、少々険しいところもあるので、
行かれる際は装備などの事前準備を怠りなく。

さて、入渓ポイントはココ → 33.975812,135.974125
普通車でも林道終点まで入れる(現時点の状況)。
目的の四王滝は入渓ポイントから約40分程度で辿り着ける。

20180409-04.jpg


太陽が眩しい。。。

20180409-05.jpg


四王滝の滝前へのルートだが、我々が進んだ山道からだと
結構急な斜面を降りることになる(約60~70m)。
もっとかな??
もし山道から降りるルートを行かれる際は、我々も使ったが
ロープを準備しておくことをオススメする。
(もっと楽なルートがあるのだろうか・・・)


一通り四王滝を満喫した後、約20分程度戻り長島の滝へ。

長島の滝は左右に2つ滝があり、右の滝はそれなりに水量があったが
左の滝はやや水量が寂しかった。
左の滝の写真は上段のみだが実は2段になっており、
落差は左の滝のほうがある。

右の滝

20180409-06.jpg

20180409-07.jpg


左の滝

20180409-08.jpg


なお、この竹原谷の右股の沢にも水量があれば大きな滝があるようなのだが、
道はかなり険しく、普段は水量が乏しいため今回は断念した。

tag : 和歌山県 和歌山県東牟婁郡北山村

和歌山県新宮市~三重県の滝

4月24日(日)、和歌山県は新宮市にある滝めぐりに行こうと
早朝から友人の車に同乗し現地へ向かった。

新宮市は三重県との県境にあり、熊野川を挟んで和歌山県と三重県になる。

奈良県南部も含めてだが、このあたりの地域は標高1000mを越える山が
密集していることと雨も多いため、至るところに落差50mを越える滝が存在している。
また、一つ奥へ入れると水の透明度は文句なしの一級品。
まさに滝ファンにとってはたまらない地域であろう。

さて、今回訪れたのは三重県側の滝も含め以下の通り。

= 和歌山県側 =
 ・高滝
 ・桑の木の滝(100選)
 ・大越谷滝ワケノ滝
 ・白見の滝
 ・布引の滝

= 三重県側 =
 ・那智郷の滝
 ・飛雪の滝
 ・小鹿の滝(仮称)
 ・蛇和田の滝

どの滝も駐車位置から20分以内に訪れることのできるお手軽滝。
その中からいくつか紹介したいと思う。

高滝
20160424-01.jpg


桑の木の滝
飛沫がすごく常にレンズを拭いていた。
朝日が差し込み幻想的だったが、レンズが少し曇ってしまった(汗)
20160424-02.jpg

20160424-03.jpg

滝までの林道(HDRでちょっとお遊び)。
概ね整備されており歩きやすい。
20160424-06.jpg


滝ワケノ滝
今回訪れた滝の中でもっともオススメの滝。
駐車位置から20分程度。
最後に沢を跨がなければならない箇所があるが
とくに危険箇所もなく辿りつける(水量の多い時はご注意)。

うまく朝日が差し込んでくれた瞬間。
う~ん、滝壺の水が美しい・・・
20160424-04.jpg

20160424-05.jpg


三重県側に渡り、
那智郷の滝
上から撮影。
20160424-07.jpg


飛雪の滝
道路沿いにある超お手軽滝。
20160424-08.jpg

少し横から撮影。
20160424-09.jpg


蛇和田の滝
今回訪れた滝の中では比較的小ぶり。
といっても、落差は20mほどあるが。
滝姿としては結構好み。
20160424-10.jpg

tag : 和歌山県 和歌山県新宮市

古座川源流

4月12日(日)、ずっと行きたいと思っていた和歌山県の古座川源流にある
植魚の滝・張尾の滝へ初訪する。自宅と同じ関西ではあるが久しぶりの遠方だ。

古座川へ行きたいと思ったきっかけは、1年くらい前にネットで植魚・張尾の滝が紹介されており、
「関西で最もきれいな水」と称されるエメラルドグリーンの渓流を見たこと。
過去の訪滝で見た奈良県宇無ノ川の透き通る水質を思い出し、もう一度目にしたいと思ったのだ。

自宅から現地へは片道で概ね4時間程度。
期待に胸を膨らませての訪滝であったが、この日は天気予報を裏切る雨。
(予報では曇りだったはずだが。天気予報とはいったい何なのか・・・)

仕方ないと気持ちを入れ替えるも、更に追い打ちをかける事態が。
目的の滝へは沢を何度も跨ぐため長靴は必要だが、距離はさほどないことからあまり苦労せず
目的の滝に辿り着けると思っていたが、実際はここ最近の雨の影響(当日も含め)でかなり水量が増しており、
長靴では水に浸ってしまうくらいの水位。
結果、滑ってコケるわ下半身水に浸るわで、決して楽な状況とは言えなかった。
また、ヤマビルも活動しており気を遣うことの多い遡上であった。

とは言うものの、道中はいくつも滝があり、飽きのこない楽しい遡上だった。


植魚の滝手前の幻想的な空間。
自分だけだろうか。もののけ姫の世界に飛び込んだように思えた。
20150413-01.jpg


植魚の滝。神秘的だ。
20150413-02.jpg

20150413-03.jpg

20150413-04.jpg

20150413-05.jpg



張尾の滝。
晴れてればもっといい絵になるのだが・・・
20150413-06.jpg

20150413-07.jpg



そういえば、何ヶ月ぶりの投稿になるんだろうか??
ページトップに広告が表示されるのが当たり前に(汗)
次の投稿はいつになることやら。

tag : 和歌山県 和歌山県東牟婁郡古座川町

訪問者
プロフィール

さむい者おげし

Author:さむい者おげし
普通?
のさらりーまんです。

カテゴリ
地域別一覧
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR