FC2ブログ

中西滝と中ノ又大滝

10月28日(日)、久しぶりの滝巡りメンバー(あずわんさん、友人夫婦)で
奈良県は十津川村にある中西滝と中ノ又大滝を見に行った。

朝5時に西宮の友人夫婦と待ち合わせ、
7半すぎに十津川村の風屋ダム湖付近であずわんさんと合流。

今日は中西滝から巡るということで、そこから車2台で移動し
8時すぎ駐車ポイント(スタート地点)に到着した。

中西滝(小井谷)の渓流沿いは整備された道が続いているが、
砂防堰堤工事中のためか、昨日は車両通行止めになっていた。

ちなみに、この中西滝の情報について、あまり情報がないようなので、
今回は地図も添付しておこうと思う。

地図


スタート地点はこんな感じ。

20181029-01.jpg



今日は非常にいい天気で気持ちが良い。

20181029-02.jpg



スタート地点から、このような整備された道が続く。

20181029-03.jpg



崩落箇所(地図にも記載)。
一旦、沢まで降りて崩落箇所を回避する。
なお、崩落箇所を回避してからほどなくして、渓流の分岐地点があるが、その少し手前あたりから
滝への道がないので沢沿いを進むことになる。

20181029-04.jpg



スタートから約1時間で中西滝に到着する。

20181029-05.jpg



今日は晴れていて気持ちがいい。

20181029-06.jpg

20181029-07.jpg

20181029-08.jpg

20181029-09.jpg



虹が出ていた。

20181029-10.jpg



中西滝を後にして、中西滝に向かう途中(道路沿い)にあった
中之滝へ立ち寄る。

20181029-11.jpg



滝横にも支流?の滝があった。

20181029-12.jpg



次に、本日の目的(2本目)の中ノ又大滝へ。

中ノ又大滝は、親之谷浄水場までは車で進めるが、
その先は車止めがあるため、駐車はこの付近にすることにした(地図添付)。

地図2



親之谷浄水場から少し歩くと沢へ下りる道がある。
そこから沢沿いを進むことになるが滝までは明確な道はない。
また、滝少し手前に沢屋さんでないと遡上が困難な箇所があるため、
さらに手前から巻くようにして遡上困難箇所を越える必要がある。
少々急ではあるが、大きな危険箇所はないと思われる。

中ノ又大滝も駐車位置から約1時間程度で到着。

20181029-13.jpg

20181029-14.jpg

20181029-15.jpg



なお、この日の気温は10℃前後。
一応、ヤマビル被害はなかったことを報告しておきます。


★本日の主要ポイント(マップコード)
 ・中西滝スタート地点 (34.041654,135.656095)
 ・中西滝崩落 (34.054714,135.653414)
 ・中西滝 (34.058313,135.648435)
 ・中之滝 (34.045592,135.723832)
 ・中ノ又大滝 (34.018536,135.817409)

tag : 奈良県 奈良県吉野郡十津川村

不動小屋谷不動滝と思い出の宇無ノ川

11月13日(日)、友人と奈良県吉野郡十津川村は
不動小屋谷にある不動滝と宇無ノ川峡にある赤滝らを見に行ってきた。

不動滝は初訪だったが、宇無ノ川峡は3年半前にも訪れており
私が滝に興味を持つきっかけになった思い出の渓谷である。

朝6時に西宮を出発し休憩や道の駅への立ち寄りを経て
9時ごろに少し靄の残る田舎道へ入る。
晴れ間も覗きこみ、天気はまずまずといったところか。
20161119-01.jpg


さらに1時間ほど南下。
奥吉野発電所を過ぎ釈迦ケ岳登山道との分岐地点を少し過ぎたあたりから
道が荒れてきたため車を停める。
渓流沿いは概ね整備された道が続くのだが、凹凸のあるダート路のため
普通車では走行困難に。オフロード車でも途中崩落箇所があるため
結局はすぐに車を停めることになる。
そういえば前回訪れた時は寒い時期だったこともあり、
凍結による通行止めでもっと手前に車を停めたため徒歩移動が長く苦労した。

駐車位置から歩くこと15分、不動小屋谷との分岐点に到着。
不動滝はここから不動小屋谷渓流沿いを遡上する。
山道はほぼなく終始沢沿いを進むことになるため長靴は必須。
できることなら滑らないスパイク長靴や沢シューズがおすすめ。

分岐点から1時間半、なかなかしんどい遡上を終えると
ようやく落差約40mほどの不動滝に出会える。
20161119-02.jpg


紅葉とのコラボ。
青空が入らずちょっと微妙。
20161119-03.jpg


滝壺は大きくなかなかgood。
20161119-04.jpg


不動滝を満喫し再び分岐点へ戻る。
昼食を済ませた後、次は思い出の宇無ノ川峡へと出発。
ひたすらダート林道を進む中、すっかり秋模様となった山に目が止まる。
20161119-05.jpg


そうこうしているうちに、沢分岐点となる出合橋へ到着。
なお、この渓流の上流にもいくつか滝があるみたいだ。
20161119-06.jpg


歩くこと1時間半、まずは赤滝へ到着。
20161119-07.jpg


さらに林道を奥へと進み沢へ降りると大きな無名滝(仮称:湧水赤滝)に出会える。
20161119-08.jpg

20161119-09.jpg


3年半前に訪れた時は3月初旬。雪解け水のためか川の水量はもっとあった。
また、大きな岩や石もあったが流されてしまったのか随分と雰囲気が違って見えた。

一通り満喫した後、秋模様に染まった沢沿いの景色を目に焼き付け
想い出の地を後にした。
20161119-10.jpg

tag : 奈良県 奈良県吉野郡十津川村

訪問者
プロフィール

さむい者おげし

Author:さむい者おげし
普通?
のさらりーまんです。

カテゴリ
地域別一覧
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR