FC2ブログ

野々滝、筆藪の滝、宝竜滝

11月10日(日)、いつもの友人夫婦(H.one氏)らと
和歌山県新宮市熊野川町にある野々滝、筆藪の滝、
そして宝竜一の滝、二の滝を拝んできた。

宝竜滝は数ヶ月前に訪れようと計画していたのだが天候に恵まれず断念。
この日は天気が比較的良さそうだったので、青空と滝のコラボを撮ろうとチャレンジすることにした。

朝4時にH.one氏と西宮で合流し新宮方面へ向かう。
朝早かったこともあり、途中このような景色に遭遇する。

20191110-01.jpg



さらに車を走らせ、今回訪れる渓流沿いの看板を見つける。
非常に滝の多いところだが、全ての滝を訪れるにはきっと沢装備が必要になると思う。

20191110-02.jpg



午前8時半すぎ、入渓ポイントへ到着する。

20191110-03.jpg



整備をされ道を10分程度歩くと、宝竜一の滝と二の滝が見れるポイントへ到着する。

20191110-04.jpg



さて、まずは野々滝へ。
野々滝までは概ね整備された道を進むが、滝手前の渡渉ポイントで橋が崩落しており
川を跨ぐのに注意が必要。多少水に浸かるので長靴があったほうがよい。

20191110-05.jpg



宝竜一の滝と二の滝が見れるポイントから約20分強で野々滝へ到着する。

20191110-06.jpg

20191110-07.jpg



次に宝竜滝と行きたいところだったが、午後からの時間帯のほうが
晴れ間が入るということで先に筆藪の滝を選択。
ここも道は整備されており、20分程度歩くと到着できるが、
落石も多く道が大きく崩落する箇所もあるので注意が必要。

崩落箇所

20191110-08-00.jpg



筆藪の滝。
落差10mほどと大きくはないが、水質の良い大きな滝壺は光が入り絶景。

20191110-08.jpg



さて、再び宝竜滝の渓流に戻り、まずは二の滝からチャレンジ。
二の滝へは途中に急登箇所があり、予め設置されたロープや
持参のロープを使いながらクリアしていく。
落ちるとかなり危険なので注意が必要。

頑張って登りきると、宝竜二の滝が迎えてくれる。

20191110-09.jpg

20191110-010.jpg



滝口からの景色。
高度感は十分(-_-;)

20191110-11.jpg



そして最後は宝竜一の滝。
一の滝は危険箇所もなく簡単に辿り着ける。

20191110-12.jpg

20191110-13.jpg

tag : 和歌山県 和歌山県新宮市

三滝渓

10月27日(日)、友人夫婦とあずわんさん
そして、はるちゃんさんご夫婦の合計6人で
鳥取県鳥取市河原町北村にある三滝渓の滝巡りをしてきた。

朝9時に「かわはら三滝荘」で待ち合わせをして入渓ポイントへ。
 ※現在、この渓流は崩落のため通行止めとなっておりますので、
  もし行かれる際は、自己責任の上、細心の注意にてチャレンジください。


20191027-02.jpg



さて、滝までの道のりは通行止めになっているだけあって結構荒れている。
木の階段も老朽化して所々壊れていおり足場も悪い。
難易度は高くはないが、怪我をしないよう注意しながら進む。

入渓から約30分、千丈滝が見える橋に到着。
この千丈滝は下流の部分のみで、上流に見える滝は横谷の滝となる。

20191027-03.jpg



千丈滝展望ポイントの橋を後にし更に先へ進む。
ここから先は階段が多く、距離は短いが結構しんどい。

途中、休憩舎での回復しながら約40分で横谷の滝の滝口へ到着。
かなりの高度感があり恐ろしい。
なお、休憩舎から先は滝への道が無いため、
事前の下調べとマーキングテープの確認が必要。

20191027-04.jpg



滝口から写真を撮る友人。
怖っ!(-_-;)

20191027-05.jpg



そこから間もなくして不動滝へ。
不動滝の滝前には20m~30mほどのロープが必要。

20191027-06.jpg



そして次は待望の白糸の滝。
この滝前に行くにも30mほどのロープが2本必要。
滑ると危険な箇所があるため慎重に進み、ようやく到着。

20191027-07.jpg

20191027-08.jpg



晴れ間が差し込んでいい感じ☆彡

20191027-09.jpg



白糸の滝を満喫した後、横谷の滝上流の無名滝へ立ち寄り。

20191027-10.jpg



午後15時すぎ、なんとか入渓ポイントまで帰還する。

なお、この渓流の下流には道路沿いにいくつか滝があるので
撮影したもののみをご紹介。


八東小屋の滝

20191027-01.jpg



夫婦滝(夫婦と言いながら片方が枯れていたので・・・)

20191027-11.jpg



銚子ヶ淵

20191027-12.jpg



千丈滝は地理院地図に掲載されているが、
不動滝、白糸の滝も含め滝場所をプロットしておく。

20191027-13.jpg

tag : 鳥取県 鳥取県鳥取市

安居渓谷

久々の連続投稿です。

10月20日(日)に高知県吾川郡仁淀川町にある安居渓谷に初訪した。

高知県の川といえば仁淀川。
日本でトップクラスの透明度を誇る川として有名。
その中でも、安居渓谷のある安居川は仁淀川の上流にあたり、
その水質の素晴らしさからずっと訪れてみたいと思っていた。

安居渓谷は多くの滝が存在する。
滝までの道のりや駐車スペースなどきっちりと整備されており、
誰でも簡単に訪れることができるのが特徴。

私は14時半ごろの入渓だったので、全ての滝を見ることができなかったが、
半日あれば問題ないと思われる。
今回はオススメのポイントだけを紹介。

まずは飛龍の滝へ向かうため川沿いへ。
道路沿いにある普通の川ながら透明度がすごい。

20191022-A01.jpg



飛龍の滝へはこのような整備された道を進む。

20191022-A02.jpg



歩くこと10分弱で飛龍の滝へ到着。
ネットで見た写真より水量は少なめかな?

20191022-A03.jpg



別アングルでも。

20191022-A04.jpg

20191022-A05.jpg



飛龍の滝少し手間に綺麗な滝壺を発見。

20191022-A06.jpg



上流の滝たちへ向かう途中で出会った景色。
まさに仁淀ブルー。
※ここが水晶淵のようです

20191022-A07.jpg

20191022-A08.jpg



こちらは背龍の滝。
良い滝だが横切る道路が残念。

20191022-A09.jpg



水晶淵へ到着。
堰堤が少し味気ない気がするが水質は文句なし。
晴れていればベストだが、本日は台風の影響で終日曇り。
※訂正:水晶淵は上記の写真になります

20191022-A10.jpg



更に上流に進み、最後は昇龍の滝へ。
この滝へのルートは崩落箇所があり現在通行止めとなっていたが、
個人の自己責任で滝まで進む(皆様はマネしないでください)
通行止めのせいもあるのか、この滝だけは少し荒れた狭い道のりになっており、
入渓ポイントから約15分程度要する。

20191022-A11.jpg



昇龍の滝を拝んだ時点ですでに午後5時過ぎ。
大釜・小釜も見たかったが本日はここまで。
なお、本日は紹介していないが、みかえりの滝や降龍の滝もある。

tag : 高知県 高知県仁淀川町

奈良の黒滝

9月22日(日)に友人らと奈良県吉野郡にある黒滝を訪れた。

この滝の渓流は水源地になっているためか、
滝に関する情報があまりない。
事前に、おおよその滝位置は把握していたので、
GPSを便りにチャレンジしてみた。

20190922-00.jpg



今回進んだルートは、入渓から滝までは沢沿いを遡上して戻りは山道を歩いた。

まず滝までの遡上だが、沢沿いには道らしきものがあるももの、
ところどころ崩落しており道が塞がれていている。
また、人が入っていないのか、草木で覆われ不透明なところがいくつもある。
危険度合いは低いが進むには少し難儀する。

入渓から20~30分程度だっただろうか、無名のF1を超え
そこから更に15分ほど遡上するとF2が現れる。

iPhone撮影(撮影が適当ですみません)

20190922-01.jpg



F2から更に遡上し水源施設らしきものの前に着くと、
そこに蝉の滝が構えている。

20190922-02.jpg



蝉の滝からの遡上だが、蝉の滝の左岸(※川の上流から下流を見て左側)に梯子があり、
そこから沢沿いを遡上できるかと思いきや、上に行く道がない(汗)
なので、ここから上流は山道から進むしかない。

山道は一旦沢沿いから少し外れるが、数分歩くとまた沢沿いへ戻る。
沢沿いに戻ったあたりですぐに黒滝が現れる。
滝前に降りるには、少し急な斜面を降りることになる。
できれば30mほどのロープがあると楽に降りることができる。
我々もロープを用いて滝前に到着する。

20190922-03.jpg

20190922-04.jpg



黒滝を堪能した後、戻りは整備された山道を利用。
山道は地図に記載されている通り169号線までつながっている。
道は狭く荒れているため普通車ではかなり厳しいが、
軽自動車の四駆であれば、黒滝近くまで車で行くことは可能と思われる。
ただし、黒滝下流の滝を拝みたい場合は沢沿いでないと見れない。


次に、隣の沢にある高滝へ訪れた。
高滝は入渓地点に看板があり、滝までの道も明確になっている。

20190922-05.jpg



この日は台風の影響で天気が不安定。
雨が降り出したので、本日はここまでとした。

tag : 奈良県 奈良県吉野郡樫尾

双門の滝への挑戦

5月13日(日)に奈良県は天川村にある双門の滝へチャレンジした。

双門の滝は、滝百選に認定されている比較的有名な滝ではあるが、
滝へのルートは危険箇所もあり、上級者コースとなっている。
そのため、一般的な観光滝とは違い簡単に訪れることができない。

このチャレンジは、滝巡りメンバー(友人夫婦とあずわんさん含む4人)の中で
ずっと話題に出ていたのだが、高所恐怖症の私にとっては少々勇気が必要で、
決断に至るまで時間を要した(汗)

決戦? 当日、朝4時に西宮の友人夫婦宅を出て、5時半に道の駅 吉野路黒滝で
あずわんさん と合流する。
そこから車2台で駐車ポイントまで移動し、AM6時9分にスタート。

20190512-01.jpg



定番の看板。
とりあえず撮影(撮影が適当ですみません)。

20190512-02.jpg



まずは整備された林道を30分程度進む。穏やかな上り。
林道途中の分岐を左に進み、さらに数分歩くと白川八丁に出る。

20190512-03.jpg



石だらけで歩きにくい白川八丁を約30分歩くとガマ滝へ到着する。
写真の通り、水量は少なめではあるが、水量が多くなると
この先の渡渉箇所で難儀するようなので少ないくらいが適当らしい。

20190512-04.jpg



ガマ滝を後にして、30分ほど山道を進むと 双竜滝? と思われる滝に出会う。
(間違ってたらすみません)

20190512-05.jpg


水が綺麗☆彡

20190512-06.jpg



さて、ここから少しハードに。
まずは、ちょっとした岩登りから。
こんな感じ。

20190512-07.jpg



そこから約30分遡上すると一の滝に出会える。
ここまで、休憩やら写真撮影を経て、スタートから約2時間経過。

20190512-08.jpg

20190512-09.jpg



二の滝。
一の滝前より撮影。

20190512-10.jpg



なお、二の滝の滝前に降りるには、5m・10mと2本のロープが必要。
そして危険度は高い(らしい)。
私は余力がなかったので滝前へのチャレンジは諦めたが、
同行のあずわんさんとHoneさんが滝前へチャレンジ。
Honeさんより滝前の写真を拝借。

20190512-11.jpg



さらに遡上し、上流の三ノ滝へ。
滝壺が大きく中々綺麗。

20190512-12.jpg

20190512-13.jpg

20190512-14.jpg



さて、ここから先が有名な梯子が連続して登場する。
上りはあまり怖さを感じなかったが、
とにかく体力が必要で結構しんどい(汗)

20190512-15.jpg



そこから木々等をよじ登り、どんどん高度を上げていく。
難所と言われる鎖は現在崩落している箇所があり、
結構な危険度を感じつつ、なんとかクリアする。
※通行止めの理由はこれ!?


奮闘するワタクシ(恥)

20190512-16.jpg
(※Honeさん撮影)



恐怖の中、目の前は中々の絶景。

20190512-17.jpg



出発してから約4時間、ついに双門の滝の展望ポイントに到着する。

20190512-18.jpg

20190512-19.jpg

20190512-20.jpg




遠望ながら迫力のある滝。できれば滝下から眺めたい・・・


帰り道、周りを見渡せば綺麗な緑がたくさん。
あぁ、気持ちいい。

20190512-21.jpg


(補足として)
 双門の滝へのチャレンジは、実際に危険箇所もあり、
 かなりの体力が要求されると感じました。
 今回は、滝までのルートをピストンしましたが、来た道を引き返すのは
 危険とされているだけあって、鎖や梯子の下りは確かに危険だと思われます。
 (推奨ルートも危険箇所があるようですが)




☆参考(mapコード)
 駐車位置 34.225045,135.882012
 ガマ滝  34.214584,135.892092
 一の滝  34.205261,135.892591

tag : 奈良県 奈良県吉野郡天川村

訪問者
プロフィール

さむい者おげし

Author:さむい者おげし
普通?
のさらりーまんです。

カテゴリ
地域別一覧
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR