fc2ブログ

六甲西山谷へ

先日、H.one夫婦らと今年初ての滝巡り活動を行ってきた。

今年初のチャレンジは、地元六甲の西山谷。
西山谷は過去に単独で入ったことがあるが、その時はF5(ふるさとの滝)で引き返した。
今回は、西山谷をコンプリートしようということで、早朝から挑むことにした。

スタートは、六甲山頂駅付近まで行き、
そこに車を停めてから入渓ポイントまで登山道を降りるルート。

六甲山頂駅付近。
20210502-01.jpg



ここから登山道を降りていく。
20210502-02.jpg



渦森台を目標に下山。
約1時間ほど歩くと西山谷の入渓ポイントへ到着する。
20210502-03.jpg



地図が設置されている。
六甲にも数多くの渓流が存在する。
20210502-04.jpg



西山谷への案内板。
熟練者向きのコースとなる。
20210502-05.jpg



入渓ポイントから渓流沿いを進み、堰堤を2つ越えるとF1に出会える。
20210502-06.jpg



F1を遡上するとすぐにF2が現れる。
小さいがゴルジュ風の滝姿は秘境感がある。
20210502-07.jpg



さらに遡上するとF3が迎えてくれる。
無名滝ながら、名前があってもよいほどの良い滝。
20210502-08.jpg

20210502-09.jpg



続いてF4。
続々と滝が登場します。
20210502-10.jpg



そして、この谷に入って、ようやく滝名がついたF5(ふるさとの滝)が姿を現す。
20210502-11.jpg



F5(ふるさとの滝)の先は、この谷の難所の一つが待ち受ける。
注意をしながら進む。
(※写真提供:H.one)
20210502-12.jpg



難所を超えF6へ。
20210502-13.jpg



次は、この谷のメインとなるF7(西山大滝)が姿を現す。
水量も豊富、落差15mの滝姿は圧巻だ。
20210502-14.jpg



遡上するごとに次々現れる滝たち。
F8の滝。小ぶりながらいい感じ。
20210502-15.jpg



続いてF9。
iPhoneでサクッと撮影(適当ですみません (汗)
20210502-16.jpg



次はF10の二条の滝。
水量が多く三条になっている。
20210502-17.jpg



F11
20210502-18.jpg



F12
水量豊富で見ごたえ十分
20210502-19.jpg



この谷をコンプリートするつもりだったがF13を撮り忘れ(-_-;)

堰堤を超えF14へ。
20210502-20.jpg

20210502-21.jpg



F14
20210502-22.jpg



続いてF15のそうめん滝。
水量もあってか、滝名の通り "そうめん" な感じ(笑)
20210502-23.jpg



F16
これもサクッと撮影ですみません(-_-;)
20210502-24.jpg



そろそろこの谷の最深部へ。
F17(愛情の滝)
20210502-25.jpg



この谷最後の滝へ。
道なき道を進むところも。
20210502-26.jpg



そして最後の滝F18。
滝姿からチョックストーン(CS)というらしい。
(写真提供:H.one)
20210502-27.jpg



最深部の滝を満喫した後は六甲山頂駅へ戻るため
まずはF18の滝横にある壁を登る。
それなりに垂直なので敷設されたロープも使いながら登る。
20210502-28.jpg



街道に出るまでに笹薮地獄が待ち受ける。
マダニがつかないか心配(-_-;)
20210502-29.jpg



ようやく生還
20210502-30.jpg



西山谷を後にした後は、雨降り続く中、太鼓滝にも訪れる。
太鼓滝は、瑞宝寺公園の奥にある滝。
お手軽に見ることができる。
20210502-31.jpg



今日の天気はイマイチだったが、公園内の新緑は綺麗に色づき始めていた。
20210502-32.jpg



本日の西山谷のルート図。
紫色の線が通ったルート。青い図が滝場所を示している。
6.1km、高低差450mのコースだった。
20210502-33.jpg

tag : 兵庫県 兵庫県神戸市

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者
プロフィール

さむい者おげし

Author:さむい者おげし
普通?
のさらりーまんです。

カテゴリ
地域別一覧
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR